整形技術は進化している!|フォトフェイシャルで安全にシミを薄くしよう!

整形技術は進化している!

振り返る女性

豊胸手術は、バストに悩みを持っている女性から人気の美容整形手術となっています。
豊胸手術というと、以前は硬い、不自然というイメージがありましたが、現在はさまざまな技術の進歩によって、さわり心地や見た目に違和感のないバストを作ることができるようになっています。

最近主流となっているのは、脂肪注入豊胸術で、自分自身の太ももやお腹の脂肪を使ってバストに注入していく美容整形手術です。
シリコンのような異物を挿入するわけではないため、拒絶反応もなく手術跡が残らないというのも、特徴となっています。
シリコンなどを挿入する場合には、なじませるためにマッサージが必要となりますが、脂肪注入豊胸術は、自分の脂肪細胞を注入していくため、そのようなマッサージも必要ありません。
また、レントゲンで撮影しても異物が写り込むこともありませんから、周囲に整形手術を受けたことがばれる心配もありません。
ただ、注入した脂肪細胞はすべてが定着してバストになるわけではないため、思ったほどのバストアップ効果を得ることができないというデメリットもあります。

一方、シリコンバックを胸に挿入する整形手術の場合は、劇的なバストアップ効果を得ることができ、理想のバストを1日で手に入れることができます。
脂肪注入のように、体内に吸収されることもありませんから、半永久的に胸の大きさを保つことができるというメリットがあります。
ただ、デメリットとして胸やわきの下を数センチ切開する必要があり、傷跡が残ったりダウンタイムが長引くということもあげられます。