メスを使わない施術もある|フォトフェイシャルで安全にシミを薄くしよう!

メスを使わない施術もある

頭にリボンを結んでいる女性

鼻は、目元の手術と並んで人気の美容整形手術となっています。
鼻の整形手術には、プロテーゼなどを使用して鼻の高さや形を形成していく隆鼻術や、ヒアルロン酸などを注射する方法などいくつかの種類があります。
一般的にプロテーゼを挿入する隆鼻術は、半永久的に鼻の高さや形を維持することができると言われています。
ただ、デメリットとしては、半永久的とはいっても定期的にメンテナンスが必要となるということがあげられます。
プロテーゼは人体には異物となってしまうため、体内に挿入することで異物を包み込もうとして皮膜が作られます。
長期間挿入していると、皮膜に体内のカルシウムが沈着して石灰化してしまうことがあり、プロテーゼが硬くなってしまったり位置がずれることがありますから、入れ替えの手術が必要となります。

ヒアルロン酸注射は、メスを使用せずヒアルロン酸を注射するだけで鼻を高くすることができるプチ整形です。
ヒアルロン酸は、人体にもともとある成分ですから、アレルギーが発生しない安全な成分という特徴がありますが、徐々に体内に吸収されてしまうため、1年程度で効果がなくなってしまうため、定期的にヒアルロン酸注射を行う必要があります。

耳介軟骨移植は、鼻尖部分に耳の軟骨を移植して、鼻を高くしていく整形手術で、自分の軟骨を使用するため安全性も高く、プロテーゼのような異物でなないため、長期間効果が持続するというメリットがあります。
このように、鼻の整形手術にもメリットやデメリットがありますから、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。