目元をクッキリ!|フォトフェイシャルで安全にシミを薄くしよう!

目元をクッキリ!

腕を組む女性

美容整形手術の中で人気の施術というと、目元がダントツで人気となっています。
目元は、顔の印象を大きく左右するパーツで、ぱっちりとした二重にあこがれている女性も少なくありません。
ただ、一言で二重の整形手術といっても、埋没法や切開法などいくつかの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがありますから、事前に調べておく必要があります。

埋没法は、メスを使用せず医療用の糸を使用して二重ラインを作っていく方法で、施術後の腫れや痛みも少なく短時間で施術が完了することから、人気の施術となっています。
ただ、まぶたの裏側に糸が露出してしまい、ごろごろとした違和感があったり、糸が切れてしまい一重に戻ってしまうなどのデメリットがあります。

切開法は、メスでまぶたを1〜2センチ程度切開して、余分な脂肪などを取り除いたあと、医療用の糸で二重ラインを作っていく方法で、くっきりとした二重を作ることができるというメリットがありますが、目が完全に閉じなくなってしまうこともあり、まぶたに傷跡が残るというデメリットもあります。
また、どちらの施術も、理想の二重にならなかったと思う人も多いため、事前のカウンセリングなどでしっかりと医師のアドバイスや提案を聞き、自分のまぶたにあったデザインや施術方法を選択することが大切です。
最近はプチ整形といって、手軽に二重の整形手術を受ける人が増えていますが、メリットやデメリット、リスクをきちんと知った上で受けることが大切です。